双子でも乗れる自転車の販売店や価格は?メリットやデメリットは?

双子でも乗れる自転車が欲しい!

双子のお子さんを抱えているママさんは双子でも乗れる自転車が欲しいと思っていると思います。

でもどんな自転車にすればいいか迷いますよね。

そこでここでは双子自転車の販売店や価格をチェックしてみたいと思います。

他にもメリットやデメリットも見てみましょう。

それではどうぞ。

おすすめ双子自転車や販売店はどこ?

OGK技研株式会社「ふたごじてんしゃ」

一般的に小さいお子さんを2人自転車に載せると、カゴの部分と後ろの荷台に乗せるタイプですが、これ、前のカゴの部分は1歳〜4歳(最大15kg)、後ろは6歳(最大22kg)までとなっていて、双子のうち1人が重量オーバーになると乗れないことになります。

でもそれを解消してくれるのが「OGK技研株式会社」から発売されている「ふたごじてんしゃ」なんです。

自転車用品を製造している会社でBAA認定を受けた双子専用の自転車を販売しています。

かなり人気で約3ヶ月待ちですが、双子のお子さんをお持ちのご家庭では必須の自転車だと思います。

幼児2人同乗用三輪自転車「ふたごじてんしゃ」

  • サイズ:全長1720mm・幼児2人同乗仕様時の全長1880mm・全幅580mm
  • 完成車重量:29.5kg (フロントバスケット付)
  • 幼児2人同乗仕様時の重量:39.5kg (付属部品及び別売リヤキッズシート RBC-011DX-TW 2台装着時)
  • ホイルサイズ:前 18インチ・後 16インチ
  • 常用速度:8~12km/h (但し、 スイングストッパー使用時は 5km/h以下)
  • 主な装備品:ディファレンシャル‐ギア ・ 内装3段変速ハブ ・ スウィング機構 ・ パーキングブレ-キ ・ 前車輪旋回抑制機構 ・ 後輪ホイールカバー
  • 制動装置前:前ブレーキ:Vブレーキ、後ブレーキ (2輪):ディスクブレーキ
  • 照明装置:前照灯オートライト
  • カラー:いしころくろ色、もみのき色、あおぞら色
  • 価格:車体:120,000円(税別)

※専用チャイルドシート<別売り>:15,000円(税別)

引用:OGK技研株式会社

■取扱店

双子自転車のメリット

■バランスがとりやすい

多少慣れは必要ですが、ふたごじてんしゃは3輪だから普通よりも安定感があり、ふらつきがありません。

■BAA認定

安全面では保障付きだから安心して乗れます。

■荷物が置ける

前のカゴの部分が子供が座るようになっていないから、楽々荷物が置けます。

これってママさんには絶対必要なスペースですよね。

自分の荷物もそうですが、子供物っていろいろかさばるし、双子となると2倍ですからね。

カゴは必須です。

双子自転車のデメリット

■電動アシストがないから重い

これは保育園などへ通園する場合の道の状況でかなり変わります。

勾配がきつい道ならちょっとママさん大変かもしれません。

■内輪差

自転車の全長が長い分、角を曲がる時に後ろのタイヤが縁石に乗り上げたり、壁にぶつかる場合があるので注意が必要です。

■雨の日

この「ふたご自転車」のレインカバーはまだ開発中と言うことですが、他メーカーのものがあるので代用することも可能です。

必然的にカッパは必要ですね。

■普通の駐輪場に止められない

出かけた先の駐輪場や自転車置き場が、どんなタイプなのかは事前に把握しておきましょう。

意外に困るのが自宅での駐車で、一軒家ならまだなんとかなりますが、マンションだとスペースの問題もあるし、大家さんと相談した方がいいですね。

デメリットに関してはこちらのアセスメントでチェックしてから購入を考えるのがいいと思います。

他にもデメリットとして、スピードが出なかったり、慣れるのに少々時間がかかります。

Panasonic ギュットクルーム EX

「ふたごじてんしゃ」は電動ではありませんが、こちらは電動だから、坂道もラックラク。

  • 品番:BE-ELFE03
  • タイヤサイズ:20
  • チェンジ:内装3段
  • 質量:32.7kg
  • カラーバリーション:全5色
  • バッテリー容量:16.0Ah
  • 充電時間:約5.0時間
  • 価格:182,380円(税込)
  • ※リアチャイルドシートは別途21,900円(税抜)かかります。
  • 乗車適応身長(目安):142cm以上
  • 幼児2人同乗時適応身長:154cm以上
    ※幼児2人同乗時適応身長とは両足裏全体が地面につく高さです。
  • サドル高さ(最低地上高~最高地上高):73.0~86.0cm

引用:Panasonic ギュットクルーム EX

■販売店

  • サイクルベースあさひ
  • ダイワサイクル
  • イオンバイク
  • ギュットクルームEX

Panasonic 販売店検索

ギュットクルームEXのメリット

■電動アシスト付きだから楽ちん

双子ちゃんを乗せるとなると、カゴの部分のチャイルドシートへは年齢・重さ制限がありますが、電動だからかなり快適に走ることができます。

■重量を超えてなければ園卒まで使える

お子さんの体重にもよりますが、保育園や幼稚園卒業まではギリギリ乗れるかも。

小さなお子さんなら大丈夫ですが、大きなお子さんは難しいかもしれませんね。

ギュットクルームEXのデメリット

■バランスを崩すとちょっと危ない

これはこのタイプの自転車は全てそうなんですが、バランスを崩すとちょっと危ないですね。

やっぱり3輪の方がいいと思うし、お父さん目線でも見ていて安心です。

まとめ

ということで今回は双子のお子さんを乗せるための自転車を紹介してみました。

それぞれイベントや試乗会も時々開催さてれいるから、ホームページやSNSはこまめにチェックしておきましょう。

関連記事コンテンツ