冨岡聖平のwikiプロフィールや高校は?年俸や身長は?家族構成も気になる!

夢は諦めちゃダメですね。

新潟の社会人野球バイタルネットから、
冨岡聖平投手がアメリカ大リーグのチーム、
オークランド・アスレチックスと、
マイナー契約を結びました。

普通は日本のプロ野球で、
みっちり経験を積んでからメジャーへ
挑戦するのが王道ですが、
冨岡投手は異例の社会人野球から、
マイナーリーグへ挑戦することになり、
新しい活路を見出したんです。

今まで諦めていた社会人選手も
勇気づけられるニュースですね。

さてここで気になるのは、
冨岡聖平投手についてのいろいろ。

ここでは、
冨岡聖平のwikiプロフィールや高校は?
年俸や身長は?
家族構成も気になる!
という内容でお届けしたいと思います。

それではどうぞ。

冨岡聖平のwikiプロフィール

  • 名前:冨岡聖平(とみおか しょうへい)
  • 生年月日:1996年2月29日
  • 出身:富山県黒部市
  • 血液型:O型
  • 身長:180cm
  • 体重:87kg
  • 右投・右打

引用:日刊スポーツ

憧れの選手はあのイチロー

小さい頃からイチロー選手の背中を追いかけて、
野球に取り組んできた冨岡投手の目標は、
もちろんメジャーリーグ。

日本のプロ野球選手になることではなく、
彼の目はもうアメリカを見ていたんですね。

いきなりプロフィールで身長が分かりましたが、
投手で180cmはかなり大きいですね。

球速もMAX150km以上と早く、
神宮球場で行われた入団テストでは、
高身長から繰り出された豪速球は
153kmをマークして、
スカウト陣を驚かせていました。

どうやら神宮球場のスタッフが、
マウンドをアメリカ仕様に硬くしてくれたのが
功をそういて富岡投手に合っていたようです。

一握りのプロになるにはやっぱり
運も大事だってことですね。

2月中にもキャンプ地のアリゾナに合流するそうです。

冨岡聖平の出身高校はどこ?偏差値は?

こういう選手って高校野球ファンなら
きっと覚えているんだと思います。

ちなみに私も高校野球は好きですが、
冨岡聖平投手のことは知りませんでした。

さて富岡投手の出身高校はどこなんでしょうか。

調べて見ました。

田家小3年時に田家イーグルスで野球を始め、
鷹施中では軟式野球部所属。
桜井では1年秋からベンチ入り。
東洋大を経て、バイタルネット入社。

引用:日刊スポーツ

  • 出身小学校:黒部市立田家小学校
  • 出身中学校:黒部市立鷹施中学校
  • 出身高校:富山県立桜井高等学校
  • 出身大学:東洋大学

ということですね。

ちなみに富山県立桜井高等学校の
偏差値48-57だそうです。

過去に4回甲子園に出場している高校で、
OBには「ウルトラマン」ハヤタ隊員役の
俳優の黒部進がいました。

しかし富岡投手のときは県大会準優勝で、
甲子園出場はなりませんでした。

東洋大に進学した富岡投手は、
その後もプロから声がかかることはなく、
新潟の社会人野球バイタルネットに入りました。

同じ東洋大からは1年下の
ソフトバンク甲斐野やDeNA上茶谷が、
プロ入りを果たしているだけに、
相当悔しかったと思うし、
その後の原動力になったかもしれませんね。

しかしマイナーリーグとはいえ、
きかっけはつかみました。

マイナーリーグという環境も設備も悪い中で、
どこまでメジャーに近づけるかが鍵ですね。

健闘を祈ります!

冨岡聖平の年俸はいくら?

オークランド・アスレチックスと、
マイナー契約を結んだ富岡投手の
年俸が気になりますね。

まずメジャーの1チームに契約できる選手は、
40人と決まっています。

そして1軍に登録できる選手は25人

この25人に選ばれるように、
他の選手はマイナーリーグで経験を積んで、
機会を待つしかありません。

メジャーリーグとマイナーリーグの差は、
雲泥の差があり、
年俸にもそれは反映されているようです。

ジャイアンツ傘下3Aサクラメントに所属する
タイラー・シアー投手が自身の給料明細を公開。
年俸の手取りが8216ドル58セント(約88万円)と
過酷な状況でプレーするマイナーリーガーの現状に
米メディアも苦言を呈している。

引用:Full-Count

88万円て月給じゃないですよ。

年俸です。

しかも12ヶ月で半年くらいしか、
支払われないっていうんです。

だから月給で考えると20万円そこそこ。

ん〜無理!

私だったら無理!

でもほとんどのマイナーリーグの選手が、
こんな年俸で野球をしているんです。

だから何がなんでもメジャーで活躍したいって
思うことが普通で、
命をかけるくらいみんな真剣です。

冨岡投手の場合も同じこと。

まずは100万円くらいの年俸で契約して、
メジャーへ行く機会を待つしかないんです。

そして待ちに待ったメジャーで
プレーすることができれば、
それはもう夢が叶ったと言ってもいいくらい、
本当に凄いことなんです。

冨岡投手がどこまでできるのかは分かりませんが、
私も頑張って応援していきたいと思います。

冨岡聖平の家族構成が気になる!

さて冨岡投手の家族構成も気になりますね。

個人的には弟や兄がいるように見えるんですが、
実際はどうなんでしょうか。

家族は両親と妹2人。

引用:日刊スポーツ

ん〜まさかの長男!

しかも妹2人って天国じゃん!

でもご両親は心配ですよね。

単身アメリカで挑戦するわけだから、
お母さんからして見たら体調面とか食事とか、
いろいろ心配になっちゃいますよね。

それに妹2人がめっちゃ可愛いと思うんですよね。

まあ完全に妹が可愛いってのは私の妄想ですが、
私の中で妹がいる自体で天国に見えます。

冨岡聖平のまとめ

ということで今回は、
新潟の社会人野球バイタルネットから、
アメリカ大リーグのチーム、
オークランド・アスレチックスと、
マイナー契約を結んだ冨岡聖平投手について、
いろいろ調べて見ました。

マイナーリーグがこんなに安月給だとは
知りませんでしたが、
メジャーで活躍すればとんでもない額の
年俸になるので、
諦めずに頑張ってほしいですね。

では。

関連記事コンテンツ