盗まれた!撤去された自転車はどこへ?取りに行かないとどうなるの?

突然なくなった自転車。

盗まれたのか撤去されたのかわからないけど目の前から自転車が消えたってこと、自転車を乗っているのなら一度はあると思います。

これ、なくなった場所によって、どこにあるのかわかる場合とわからない場合があるんです。

今回はそんな自転車がどこへ行ったのか?見つかって連絡が来た時、撮りに行かなかったらどうなるんでしょうか。

それではどうぞ。

自転車がなくなった場所で問い合わせる場所が変わる

あるとき自転車が煙の様に消えたってこと、一度はあると思います。

もう目の前真っ白ですよね。

え?え?と停めた場所を間違えたのかと辺りを彷徨い探しますが、どこにも自分の自転車がない。

思い返してもいつも停めている場所だから間違えるわけないと探しますがどこにも見つからない。

どうです。盗まれた可能性がありますよね。

それか片付けられたか。

自転車等整理区域で自転車がなくなった場合

各都道府県で指定されている自転車等整理区域という場所があります。

「自転車等の適正利用の促進に関する条例」によって指定されている区域のことです。

人通りが多い駅前が指定されていることが多く、その区域に自転車を停めておくと整理員が「邪魔だったから撤去するね」って持って行っちゃうんです。

都道府県によって厳しさに差はありますが、ちょっとの時間でも持って行っちゃうとこもあったり、樹木に直接鍵を欠けていても構わず持っていちゃうとこもあるそうです。

自転車が停めてあった場所には自転車の代わりに「整理通告書」が貼られていますから、そこにかいてある電話番号に連絡して自転車を取りに行くことになります。

かいてない場合は、都道府県や市の交通課に電話すれば大丈夫です。

実際に取りに行く時に必要なものがあります。

  • 自転車の鍵
  • 印鑑
  • 身分を証明できるもの
  • 移動手数料

これを見てビックリするかもしれませんが、お金がかかるんです。

地域によって上下はありますが、大体1000円〜3000円くらいかかります。

自転車の鍵も、その自転車が自分の自転車だって証明になるので持っていきましょう。

身分証明は健康保険証や運転免許証、学生証など公的機関が発行したものが必須です。

ポイントカードや診察券ではダメです。

そのほかで自転車がなくなった場合

家や会社、お店など、自転車等整理区域意外で自転車がなくなった場合、それは盗難にあったと思います。

そうなれば警察に盗難届を出しに行くわけですが、大前提として防犯登録をしていないと自転車は絶対に見つかりません。

警察も同じ様な自転車がいくつもある中、防犯登録なしに持ち主の自転車を特定はできません。

見つけたとしても防犯登録がないと、証拠がないと同じことなんです。

だから自転車をネットで買ったとしても必ず近くのホームセンターなどで防犯登録をしましょう。

1回の登録に約500円くらいです。

さて実際に盗難届を出すんですが必要なものがあります。

  • 防犯登録カード
  • 印鑑

この2つが必要ですが、「防犯登録カード」ってまだ保存してありますか?

私、どっか行っちゃいました!!!

と、私と同じ様に防犯登録カードがない方でも大丈夫です。

自転車を買ったときの領収書か自転車本体の保証書があれば大丈夫です。

さらに領収書も保証書もないときはどうすればいいかって気になる人もいると思いますが、都道府県の自転車防犯協会に連絡すると教えてくれます。

これも都道府県によって違いが出てくるので、今のうちに上記の必要なものを探しておきましょう。

防犯登録が完了したら後は警察からの連絡を待つのみですが、新しい自転車を買って、盗難届を出した自転車はいらないって時は、ちゃんと盗難届を取り下げてもらいましょう。

取りに行かないとどうなるの?

さてせっかく見つかった自転車ですが、取りに行かなかったらどうなっちゃうのか調べてみました。

自転車等整理区域で自転車がなくなった場合、自転車を取りに行かないと一定期間たったらスクラップにされて、都道府県によってはリサイクルされます。

スクラップやリサイクルにもお金がかかります。

できれば処分される前に自分で取りにいき、自分で処分するのをおすすめします。

そして盗難届を出したあと警察から探していた自転車が見つかったと連絡が来た場合、その自転車がいらなくても必ず取りに行かなくてはいけません。

いらないって言っても警察は処分してくれません。

友達に自転車が壊れたから処分しといてって言っても処分してくれないのと一緒。

所有権放棄っていう方法もありますが、必ずあなた以外の方に引き取ってもらうことになります。

まわりに迷惑がかかりますから自分で取りにいきましょう。

まとめ

ということで今回は「盗まれた!撤去された自転車はどこへ?取りに行かないとどうなるの?」って内容でしたが、盗難届を出して自転車が見つかったら必ず取りに行かなきゃいけないことが重要でしたね。

ちなみに盗難届を取り下げるには印鑑ひとつで大丈夫です。

関連記事コンテンツ