真冬のおすすめアウターファッション!ゴアテックスの透湿 防風 防水がカギ!

これから寒さも厳しくなってきて、寒冷地方に住んでいる方は自転車ライフが厳しくなってくる季節になってきます。

冬をさらに超越した真冬がとうらいすると、マジで夜も歩けないくらい寒くなるんですよね。

暖かい所から引っ越してきた方は、真冬に窓が凍って開かなくなるなんて想像もできないと思いますが、これ事実です。

選択物も外に干しておくとガッチガチに凍ります。

そんな真冬でも自転車に乗りたい人は一定数いると思いますので、ここでは真冬に自転車に乗るとき欠かせない、おすすめのアウターを紹介したいと思います。

機能的には透湿、防風、防水がカギになるので、これを網羅しているアウターを紹介したいと思います。

それではどうぞ。

マウンテンハードウェア【GORE-TEX】

まさに透湿、防風、防水が揃った一着で、これを持ってればどんな冬でも自転車が快適に乗ることができます。

おすすめはこちら。

Exposure/2™ Gore-Tex Pro Jacket[Men’s]

  • エクスポージャー2ゴアテックスプロジャケット
  • ¥78,000(+税)[OM7407]
  • サイズ:S,M,L 平均重量:469g(Mサイズ)

ちょっとお高めですが、これを持ってれば何年でも使えるからおすすめです。

パタゴニア【GORE-TEX】

今度はパタゴニアのゴアテックス。

登山でお馴染みのブランドですが、冬山にも最適なゴアテックスが揃っているから、自転車で使っても寒さに強い逸品です。

メンズ・プルマ・ジャケット

  • ¥ 77,000
  • 83755#83755

個人的にパタゴニアは好きなんですが、デザインがちょっとたんぱく過ぎるんですよね。

私もパタゴニアは何着か持ってますが、老舗ならではの機能的で使いやすさがあって、モノとしてはかなりいいんです。

シンプルなデザインが好きな方にはオススメです。

ザ・ノース・フェイス【GORE-TEX】

冬と言ったら定番中の定番のノースフェースのゴアテックスは、他のブランドに比べて手に入れやすい価格帯なのが嬉しいですね。

ノースフェイス クライムベリーライトジャケット(メンズ)ジャケット マウンテンジャケット メンズ

  • 重量: 255g(Mサイズ)
  • サイズ:S、M、L、XL、XXL
  • カラー展開:全5色
  • レディースモデル:あり

リュックを背負っても腕の自由が利くジャケットだから、機能的でとっさの動作にも反応できるように設計されています。

モンベルのストームクルーザー ジャケット

こちらも登山専用ブランドのゴアテックスを紹介したいと思います。

最近の流行がこの全体は黒基調でファスナーの部分が赤ってパターン。

意外にいろんなブランドで取り入られているカラーパターンで、シックでかっこいいイメージ。

だから知り合いと色がかぶることもあると思うから、この辺の定番カラーはちょっと避けておいた方がいいかも。

ストームクルーザー ジャケット

  • 価格¥20,800 +税
  • 品番#1128615ブランドモンベル

素材はゴアテックス ファブリクス3レイヤーだから、真冬に着ても意外と暖かいです。

まとめ

ということで今回はいろんなゴアテックス素材のジャケットを紹介してみましたが、ここで、ダウンジャケットじゃいけないのって意見もあると思いますが、ダウンジャケットは透湿性に欠けてて自転車むきじゃないんです。

熱がこもって、汗もこもって、長く走れば走るほど汗だくになるんです。

基本的にゴアテックス素材のジャケットを真冬に着る場合は、重ね着がコツ。

インナーを2枚着て、その上にフリースを着てゴアテックスだと結構暖かいですよ。

フリースの下にトレーナーを着てもいいかも。

関連記事コンテンツ