ミルクボーイ(芸人)の年齢や経歴は?高校や大学は?NSC同期は?

M-1グランプリ2019もいよいよ決勝戦
始まろうとしています。

ここで優勝すれば一躍ブレーク芸人として
活躍できること間違ないだけに、
他の賞レース以上の熱気を感じます。

決勝トーナメントのメンツを見てみると、
からし蓮根、ぺこぱ、オズワルド、
すゑひろがりず、ニューヨーク、
インディアンス、見取り図、かまいたち
そしてミルクボーイなどなど
新旧入り混じった面々となっています。

ここではお笑いコンビ、
ミルクボーイについて
プロフィールはもちろんですが、
高校大学、NSCの同期も調べました。

それではどうぞ。

ミルクボーイ(芸人)プロフィールや経歴は?

出典:Twitter

左がマッチョの駒場孝さんで、
右がデブの内海崇さんです。

  • 名前:駒場 孝(こまば たかし)
  • 生誕: 1986年2月5日(34歳
  • 出身:大阪府
  • 担当:ボケ
  • 血液型:B型
  • 愛称:駒ちゃん

駒場さんはマジでマッチョです。

暇さえあればジムに通っています。

なんで鍛えてるかっていうと、
長渕剛の大ファンだからです。

モノマネもするんですよ。

同じ芸人同士5人で
ルームシェアしてるようです。

自転車運が悪くすぐに盗まれる。

エアコンが嫌いで部屋に付けない。

  • 名前:内海 崇(うつみ たかし)
  • 生誕:1985年12月9日(34歳
  • 出身:兵庫県
  • 担当:ツッコミ
  • 血液型:B型
  • 愛称:うっちゃん

相方とは真逆の体形。

特技はけん玉で準2段の腕前だそうです。

趣味はパチンコ。

大学時代は友達が少なく、
大人数で制作する卒業制作は
女の子と2人制作したんだそうです。

ーーーーーーーーーーーー

お互い高校時代からお笑いコンビを
それぞれ組んでM-1甲子園に出場した
経験を持っています。

たまたま同じ大学に進学して、
落語研究会だったので、
仲もよかったことからコンビ結成。

2007年7月にbaseよしもとの
オーディションを受けて見事合格

NSC出身ではないため、
本人たちは少し複雑な心境だそうです。

ミルクボーイ(芸人)の高校や大学は?

いろいろ調べてみたら、
すぐに見つかりました。

駒場孝さんはと内海崇さんが
通ってた大学阪芸術大学放送学科です。

駒場さんが通ってた高校は、
横浜市立戸塚高校に通ってて、
内海さんが兵庫県立姫路南高校
通っていたそうです。

横浜市立戸塚高校の偏差値は56~60。
兵庫県立姫路南高校の偏差値は58です。

2人ともまあまあの学力なんですね。

駒場さんはマッチョだから、
ちょっと出来ないかなって
思っていましたがただの偏見でしたね。

ミルクボーイ(芸人)のNSC同期は?

最初にも少し触れましたが、
ミルクボーイの2人はbaseよしもとに、
オーディションを通過して、
事務所に入りました。

2007年7月にbaseよしもとの
オーディションを受けるにあたって
正式にコンビ結成しました。

2008年1月にオーディションに初合格、
2010年5月にbaseメンバー入り。

オーディション組で
複雑なデビュー経緯だったため、
大阪NSC27期生扱いとなっているが、
本当は29~30期生扱いであると
本人たちは話しています。

だから同期といっても、
その辺でデビューした芸人たちと
一緒にいることが多く、
ライブでは金属バット(29)や、
ロングコートダディ(31)、
セルライトスパ(31)やミキ(30)など、
大体その辺の期生たちと
ライブを行うことが多いですね。

※( )内は期生数

でもこれって先輩後輩で考えると、
かなりめんどくさいですよね。

ただでさえ上下関係が厳しい業界なのに
どっちが先輩後輩かっていう話、
よくすると思うんです。

先輩「お前俺より後輩やんけ!」

ミルク「27期生扱いやし!」

こんな会話けっこうしてると思います。

逆に言えば、どっちつかずの
都合のいいポジションですよね。

意外に世渡り上手な
コンビかもしれません。

ミルクボーイ(芸人)のネタをチェック!

ミルクボーイは漫才が主体です。
ほとんどのネタが、
駒場さんが聞いてきたけど忘れるっていうネタ。
それを内海さんがヒントだけ聞いて、
突っ込んでくっていうネタです。

これ、かなりハマるんですよね。

よく聞くと内海さんのツッコミって、
ノリツッコミなんですよね。

M-1グランプリではダークホース的な
存在だと思うので、挑戦者の気持ちで
バシッと決めちゃってください!

まとめ

ということで今回は、
M1グランプリ2019の決勝に進んだ、
お笑いコンビのミルクボーイに
迫ってみました。

ネタも芸歴も乗りに乗ってる時期のなで
頑張って欲しいですね。

では。

関連記事コンテンツ