自転車通勤が長続きする方法!距離や時間は?雨の日はどうする?

自転車通勤を始めると決意はしたものの、続かなかったらどうしようという不安を持っている人も多いと思います。

せっかく買った自転車だからずっと乗っていたいし、趣味にもしたいって思うのは当然のこと。

だったら少しでも続くことを重点的に話していきたいと思います。

それではどうぞ。

無理して価格の高い自転車を買ってみる

安い自転車を買うと、どうしても「安かったからいいか」とか「値段分は乗ったし元取れたでしょ」や「安いの買ったけど気に入らなくなった」と自転車に乗ることを辞めてしまう傾向にあります。

「安かったから」はどんな状況でも、自転車に限らず「言い訳」の材料になってしまうんです。

だったらちょっと無理して高目の自転車を買えば、自分に言い訳できませんよね。

ではどのくらいの自転車を買えばいいかというと、2万円台の格安自転車をネットで検討している方は、最低でも5万円以上の自転車を買いましょう。

5万円くらいの予算だったら10万円、10万円の予算だったら15万円くらいが妥当だと思います。

そうやって自転車を探していると、絶対気に入った逸品が見つかりますが、必然的に予算よりも高くなる傾向があります。

でもそこで高いからって諦めないで買ってみると、意外と気に入って自転車通勤が長続きするんですよね。

ネガティブに「高いもの買っちゃった…」と思わず、「高い買い物したんだから頑張ろう」って気持ちで走れば、結構趣味に近くなり長続きします。

無理をしないで気楽な気持ちで乗ってみる

目の色変えて「乗らなきゃ、乗らなきゃ、乗らなきゃ、乗らなきゃ、」なんて思う必要はありません。

まずは週に2〜3回でも大丈夫です。

難しいなら週1会でもOK!

要は自転車に乗ることを辞めなければいいだけなんです。

かといって、1ヶ月も2ヶ月も乗ってなくて、「まだ乗ってるし!」っていうのは違うますよ。

期間を開けすぎては乗ってるうちに入りません。

朝起きて、清々しい天気の日に乗ると決めて乗るくらいでOK。

確かに体力を上げるために全力で自転車を漕いで通勤する方もいますが、続けられるならそれでもいいです。

しかし、あくまでも「続ける」ということにフォーカスすると全力で自転車に乗ると続かなくなるかもしれません。

自転車通勤が長続きする距離や時間は?

さてあなたは自宅から会社まで何キロあるますか?

1キロ?5キロ?10キロ?それとも20キロですか?

自転車通勤となると行きもありますが、当然帰りもあります。

私は会社まで約3キロくらいですが、正直な話、もうちょっと長くてもいいかなと思います。

3キロは時間にして10分から15分。

個人的には5キロくらいが乗ってて楽しいし、長続きすると思います。

5キロくらいだと、15分から20分くらい。

10キロで30分から40分かかると思って大丈夫。

だから私は、3キロだとちょっと満足できないから、遠回りして4.5キロくらいの道のりを自転車で走っています。

そしてできれば人通りと信号の少ない道を選ぶともっと快適に走れますよ。

私は河川の土手を走ってるから、朝の日を浴び、爽やかな風の中を爽快に走ってます。

これ意外とストレス発散になるからオススメです。

よく言われるのが週に1度は1時間くらいの運動をするとストレス発散になるってこと。

私は自転車に乗ってから、ストレスが少なくなったように感じます。

自転車に乗ってると頭の中が整理されて、いいアイディアが浮かんできたり、悩んでることも意外に小さく感じる時もあります。

1日の中で運動を取り入れる時間が難しい方は自転車はかなりオススメです。

雨の日はどうする?

レインコートやカッパなどの雨具を買って乗ってもいいですが、私は絶対に雨の日は野良にようにしています。

そこまで頑張っちゃうと続かなくなると思うし、雨の日は嫌いではないですが、流石に雨は辛いですよね。

だから自転車に乗れない日は、電車やバス、車など、自転車以外の選択肢があると非常に便利です。

まとめ

ということで今回は、自転車通勤が長続きする方法を中心でしたが、上記のことだけで長続きするとは限りませんが、一つひとつ試してみてください。

何より過度は体への負荷は、乗らなくなってしまう要因になるので、最初は気軽な気持ちで週に2回乗ってみてください。

関連記事コンテンツ