石川梨良(りら)のwikiや高校はどこ?就職先や引退ってマジ?

卓球石川佳純さんに
がいるって知ってました?

しかも佳純さんに似てかわいいんです!

yahooニュースを見ていたら
発見しちゃいまし!

名前は石川梨良さん。

梨良と書いて「りら」って読むそうです。

リラックマってあだ名がついてそうですが、
どんな妹さんなのか気になりますよね。

ということでここでは、
石川梨良(りら)のwikiや高校はどこ?
就職先や引退ってマジ?
という内容でお届けしたいと思います。

それではどうぞ。

石川梨良(りら)の出身高校が気になる!偏差値は?

左が妹の梨良(りら)さんですが、
お姉ちゃんの佳純さんよりもかわいいですよね!

どんな人なのかより一層気になります。

まずは出身高校からですね。

梨良さんは現在、
青山学院大学に通っている大学生。

実力もなかなかのもので、
お姉さんの佳純さんに匹敵する実力です。

青山学院では卓球部の主将として、
38シーズンぶりに優勝へと導きました。

さて通っていた高校ですが、
東京都私立帝京高等学校だとわかりました。

おっと!

今の可愛の裏にはこういう」時代が
あったって事ですね。

ついついすっぴんを公開しちゃいましたが、
見なかった事にしておきましょう…

ちなみに偏差値は50〜58。

まあまあ普通の高校ですね。

梨良(りら)さんの場合、
もしかしたら帝京高校にはアスリートコースが
設置されているので、
推薦でそこに入っていたかもしれませんね。

という事で少し梨良(りら)さんについての
プロフィールをチェックしてみましょう。

石川梨良(りら)のwiki風なプロフィール

名前:いしかわ りら
生年月日:1997年06月14日
出身地:山口県山口市
出身中学校:東京都稲付
出身高校:東京都帝京
大学:青山学院大学
学生時代の最高戦績:全日本選手権Dベスト8
元気の源:買い物
ファンへのアピールポイント:サーブ
聞き手:左
持ち方:シェークハンド
ラバー:裏表
得意:ドライブ

梨良さんは石川佳純さんの5歳年下の妹。

梨良さんが卓球を始めたのは、
言うまでもなく家族です。

山口県の実家には練習場があり、
梨良さんは物心がついたときには、
おむラケットを握ってたんだとか。

目標はお姉ちゃんと一緒の舞台に立つ事。

そうオリンピック 選手になって、
金メダルをとることが目標なんです。

2010年JOCエリートアカデミーに入ると、
レベルの高い卓球を経験して一回りも二回りも
大きく成長することができたそうです。

中学生まではラリー型で、
ミスをしない卓球をしていましたが、
それでは勝てないと、
高校からは攻撃型に転じて、
相手のミスを差数プレーに移行しました。

石川梨良(りら)の目が二重でかわいいとネットで話題!

梨良さんの写真自体が少なかったんですが、
いろんなところからかき集めてみました。

卓球やってる時ってかなり厳しい顔なので、
できればオフショットがいいですね。

やっぱり卓球をしている時よりも、
普段の梨良さんの方が笑顔があって
かわいいですね。

それにしてもお姉ちゃんと仲がいいですよね。

いろいろみていたら一緒にご飯食べたり、
練習したりとお互いが影響しあって、
成長しているのがすごくわかります。

梨良さんの目標は姉妹で
オリンピックに出場すること。

その夢叶うといいですね。

石川梨良(りら)の就職先はどこ?引退ってマジ?

実は石川梨良さん、
今季限り卓球引退することがわかりました!

姉妹揃ってオリンピックの夢を描いていただけに
なんか寂しいですよね。

でもそのくらい卓球で世界と戦うってことは、
かなり厳しいし難しいってことなんですね。

ここまで一生懸命オリンピック目指して、
頑張っていたからもうちょっと
続けて欲しかったですが、
梨良さん的にはもう十分やったって
思ってるかもしれませんね。

さて大学卒業後は普通に就職ということですが、
アナウンサーってことはあり得ませんか?

そして東京オリンピックで、
お姉ちゃんをインタビューなんて事になったら、
思いsロイと思いませんか?

どこに就職するかはわかりませんが、
これからも頑張ってほしいですね。

石川梨良(りら)の使っているライケットのメーカーは?

梨良さんが現在使っている
ラケットは中国の主軸を担う
劉詩文選手が使用するモデルです。

出典:卓球ナビ

優れた弾みと軽さを兼ね備えた素材、
ZLファイバーを搭載しているラケットです。

スピンとコントロールに優れているラケットで、
ドライブに威力を発揮するそうです。

石川梨良(りら)のまとめ

ということで今回は、
石川梨良(りら)のwikiや高校はどこ?
就職先や引退ってマジ?
という内容でお届けしました。

これからは普通のOLとして
お姉ちゃんを応援しながら
たまにはメディアに出てほしいですね。

では。

関連記事コンテンツ