福本有希(PRIZMAX)の脱退・引退の理由は?今後は作詞家かプロデューサー?

PRIZMAX」の福本有希が、12月29日に東京・チームスマイル・豊洲PITで行われるワンマンライブを最後に芸能界を引退することがわかりました。

皆さんこんにちは、福本有希です。

この度、自分が約15年間活動してきた芸能界を年内で引退する事を決意しました。

引用:ナタリー

いろんな報道を見ても「脱退」と言っていますが、どうやら本人は「芸能界引退」を決意したようです。

「引退」や「脱退」にしても気になるのが福本有希の今後ですよね。

何かやりたいことや目標があるのか調べてみました。

福本有希PRIZMAX「脱退・引退」によるネットの反応

PrizmaXはあまり詳しくないけど福本有希だけは唯一好きだったし元気貰ってたよ...
ショックだけど長年お疲れ様でした...

— あや¨̮ (@aya_sukeke) November 8, 2019

ファンにとってはこれ以上悲しい事はありませんよね。

しかも推しメンだったファンにとっては尚更です。

でも本人の意思なら仕方がないし、逆にこれからも応援しなきゃって気持ちも痛いほどわかります。

福本有希が「脱退」ではなく「引退」と言った理由は?

各メディアともに福本有希がPRIZMAXを「脱退」と買いていますが、との本人は「芸能界引退」と言っています。

この差は何なのか。

個人的には意見になりますが、これは福本有希の強い意志と本人のケジメが「芸能界引退」に込められていると思います。

福本有希のファンや仲間に対する真面目さが伺えますね。

でも各メディアはちょっと俯瞰的に見ていて、「引退」とは言う物の、芸能活動は続けていくと見ていると思います。

一度有名になった芸能人は一般の企業に入ったり、事業を立ちあげてもなかなかうまくいかないことが多く、それを見越して「脱退」と言っているんだと思います。

私が思うに、福本有希が「引退」と言った理由は、表立って活動しないってことだと思うんです。

芸能界の裏方として表には出ないけど、いろいろ活動の幅を広げたいんじゃないでしょうか。

それでは福本有希の今後の活動に迫ってみたいと思います。

脱退・引退の理由は?今後は作詞家かプロデューサー?

私がなぜ「作詞家」か「プロデューサー」になるかもしれないと思ったかと言うと、「South Cross」という曲がきかっけだったと感じたんです。

6月の『PrizmaX Hall Tour Level 7 〜FUSION〜』の前くらいにプロデュースの話を聞いた時には、作詞とか大体やりたいことが決まってたんですよね。それで8月の中旬くらいに制作に取り掛かったんですけど、前から挑戦したかったことが今回の企画で叶ったっていう感じですね。

引用:okmusic

福本有希はこの曲にかなりの手応えとやりがいを感じていたんです。

この曲にかけた時間は、以前作詞t手掛けた「春空」の5倍くらいかかったんですって。

他にも2018年はソロプロデュース企画など、初体験なことをやってきて、それがどハマりしたのかもしれませんね。

だからPRIZMAX脱退後はこういう、作詞家とかプロデューサー的なことを仕事にして行きたいんじゃないかって思ったんです。

まとめ

30歳という節目、PRIZMAXも5人から4人へ。

そして今回4人から3人へ。

ファンにとっては悲しいことですが、福本有希もPRIZMAXも今後の活動を楽しみに応援していきましょう。

脱退と同時に新しいSNSのアカウント開設や、新しい所属事務所も決まるかもしれないので、引き続き要チェックですね。

福本有希プロフィール

  • 1990年5月12日生まれ。北海道出身。パフォーマー
  • 2011年6月に「役者として自分を表現していきたい」と脱退を発表
  • 2013年に島田とともにサポートメンバーを経て再加入。
  • 呼び名は「王子」、彼女は約30億人で「ハニー」と呼称する

    関連記事コンテンツ