自転車ダイエット2ヶ月でぽっこりお腹の変化は?筋トレや食事制限は必要?

もともと私が自転車に乗ろうと思ったきっかけは、自分のぽっこりお腹を見てショックを受けたからです。

若い時のあのバッキバキの腹筋は何処へ行ったのか、私のお腹は親父へと変化して行ったのでっす。

これはまずいと思って始めた自転車通勤ですが、この2ヶ月、雨の日以外は走り続けた結果を報告したいと思います。

自転車ダイエット2ヶ月でぽっこりお腹の変化は?

痩せてあの日の青春を取り戻そうと自転車通勤を決めた私が買った自転車は、2万円以下のGRAPHIS(グラフィス)と言う自転車。

GRAPHIS(グラフィス)クロスバイクを購入!メリットやデメリットは?

結果から言うと、安すぎてちょっと失敗しました。

壊れたとか、調子が悪くなってきたってことじゃなくて、デザインがね…ちょっとね…飽きたっていうか…かっこ悪いって言うか…

まー理由はそんなとこです。

それ以外はかなり丈夫だし満足しています。

自転車通勤を始めた自宅と会社の距離は約4km。

選ぶ道によっては約3.2kmから4.5kmを走りました。

会社までそんなに距離は遠いわけじゃなかったけど、最初は疲れましたね。

運動不足のツケが来たって感じましたが、今ではそれもなく全然慣れました。

ちょっと汗ばむくらいですかね。

さて肝心のぽっこりお腹の状態ですが…

端的に結果から言うと…

全然変わりませんでした!!!!

少しは痩せるだろうと頑張った結果がこれで、かなりショックを受けています。

変わったことといえば5つくらい。

  • 太腿が太くなった
  • 持久力が若干ついた
  • 風邪をひかなくなった
  • 腕の筋肉が少しついた
  • ストレスが少し減った

こんなとこですが、健康的な体になってきているから、ぽっこりお腹以外は結果が出ました。

でも私の目的はこのぽっこりお腹をあの日の青春の時に戻すってことなんです。

やっぱりあれをやらないとダメかなと、筋トレ食事制限ランニングを取り入れることを決意しました。

筋トレや食事制限は必要?

結果から言うと、筋トレや食事制限は必要で、自転車とわせることで全身の新陳代謝が上がり、痩せやすい体になってきていると感じました。

まず筋トレですが、3種類の腹筋トレーニング方法を1回30回で3セット。

3セットを1回と数えて2回行い、腹筋だけで計180回。

次に腕立て伏せは単純に30回を2セット。

余力があればもう1セット追加でやりました。

これを多くて週7日、少なくて週5日行いました。

後、週1か2で約8キロのランニング。

食事制限は、朝食は抜き、お昼はお弁当をガッツリ食べて、夜は炭水化物抜きの低カロリーを心がけていました。

お酒も緑の缶のものにしました。

その結果、筋トレが聞いたのか、少しずつぽっこりお腹が解消されて行ったんです。

まだちょっと出ていますが、あのショックを受けた時よりはかなり改善されたんです。

ちなみに2ヶ月の間、最初の1ヶ月は自転車だけ、後の1ヶ月で筋トレや食事制限、ランニングを取り入れました。

腕立て伏せもしているせいか、顔もちょっとシャープになってきたんです。

まとめ

さて私が自転車だけでダイエットに成功しなかった理由は一つ。

乗る距離が短かったってことです。

これが10km以上になると少しは違うのかなって思いますが、知り合いも毎日10kmを自転車通勤しているんですが、お腹周りは変わっていません。

ぽっこりです。

となると、やっぱり筋トレや食事制限は必要なんだなって感じました。

要は自転車でも筋トレでもランニングでも、鍛えたい部分を重点的に鍛えた方が効果が目に見えて分かるってこと。

体力をつけたいのならランニング。

足腰を鍛えたいのであれば自転車。

ぽっこりお腹を解消したいのであれば筋トレ。

上の全てをこなしている私は今後どんな体つきになっていくのか、かなり楽しみです。

目指せ細マッチョ!

最後に、自転車だけで痩せたかったら、ロードバイクで長い距離を汗だくになりながら走らないと痩せないと思いました。

関連記事コンテンツ