12345(イズミヨーコ)プロフィールや高校は?本名や結婚は?再結成した理由は?

12345(イズミヨーコ)ていう
女性お笑いコンビはご存知ですか?

正式には「123☆45」って書くんですが
めんどくさいからここでは12345で
統一したいと思います。

さてこのコンビ、
昔、一度解散しているんですが、
なぜこのタイミング再結成したのか、
気になりますよね。

他にもプロフィール出身高校
年齢もちょっとお高めなので、
結婚はしてるのか調べてみました。

それではどうぞ。

12345(イズミヨーコ)本名やプロフィール

左がイズミで、右がヨーコ。

まずは本名やプロフィールから
さくっと見ていきましょう。

コンビを組んだのは2008年。

知り合ったのは和光大学
ダンスサークルで一緒になったのが最初。

大学を卒業した2004年からは、
イズミはモデル事務所に所属して、
コンパニオンや展示会の仕事を
していたんだそうです。

中学校や高校の
国語の教員免許を持っていますが、
多分先生にはなれなかったんですね。

今だから教員採用試験の倍率は
かなり低くなってきていますが、
15年前の倍率は10倍近かったようです。

その頃ヨーコさんは、
服部栄養専門学校へ進学して、
栄養士の免許を取得しました。

6歳の頃からバレエをやっていて
スタイルも良かったから、
雑誌モデルをしていた時期もありました。

なんかこの2人、
似たもの同士って感じしませんか?

夢はあったけど叶わないし、
何をしても上手くいかない時期も
あったと思います。

そしてお互いの共通することが
お笑いだったのかもしれません。

イズミは高校の頃にソフトモヒカンに
していた時期があったり、
松嶋菜々子の物真似もします。

ヨーコは劇団員だった時期もあり、
人前で演じることが好きだったんです。

そうそうヨーコさんも
SKE48やAKB48の物真似を
得意としています。

お笑いは2人にとって、
なるべくしてなった職業なんですね。

ちなみにイズミの本名は南川泉。

ヨーコの本名は非公開でした。

何とかヨーコっていうのはわかるけど、
何ヨーコ?

12345(イズミヨーコ)の出身高校や偏差値は?

さて2人の出身高校はというと、
イズミさんが岩手県立久慈高等学校

偏差値は49。

さてヨーコさんというと、
またまた非公開なんですよね。

でもこんなTweetを発見しました。

ERIEZA ROYAL@erieza_royal2019年4月14日

スタッフさんに聞けば丸わかりですね。

ヨーコさんの本名もわかりますよ!

今すぐこのカフェへ行くぞー!!

でもイズミさんと同じ大学だから、
偏差値も同じような高校かもしれません。

12345(イズミヨーコ)結婚はしてるの?

イズミさんは37歳。

ヨーコさんは40歳。

もう結婚してても
全然おかしなくない年齢ですが、
結婚してるんですかね?

ちょっとツイートが古いものもありますが
現在お二人は未婚です。

結婚願望はあるようですが、
女芸人はなかなか難しいかもしれません。

でも結婚願望があれば、
もしかしたらイケメンのいい人が
見つかるかもしれないので、
望みは捨てちゃダメですよ。

12345(イズミヨーコ)が再結成した理由は?

さてなぜこのタイミングで再結成したのか
なぜ「女芸人No.1決定戦 THE W」に
出演しようと思ったのか。

女性が再結成するってことは、
もともとは喧嘩別れじゃ
なかったようですね。

女性は一度険悪な雰囲気になると、
元どおりってわけいきませんからね。

お互いと思う気持ちは、
解散後もずっと続いていたようですね。

そもそも解散した理由は、
お互いやりたいことが他にあったから。

芸人を続けていても
先が見えなかったのかもしれません。

しかし今回、
女芸人No.1決定戦 THE W」に
出場すると決めたのは、
女芸人として一生頑張っていく覚悟が
できたんじゃないかと思います。

それまでは、
お互いに芸人以外のスキルもあるし、
道を迷っていたんだとお思います。

こんだけ仲が良ければ、
もう解散する心配はないですね。

女芸人としてその生き様を、
女芸人No.1決定戦 THE W」で
見てみましょう。

まとめ

ということで今回は、再び再結成して
女芸人No.1決定戦 THE W」に
出場している123☆45に
迫ってみました。

こういうのを血液型で
判断しちゃいけませんが、
ヨーコさんがイズミさんを
振り回している気がしますね。

でもAB型の女性って、
めっちゃめちゃ優しいんですよね。

そんな優しいヨーコさんと、
大らかなイズミさんのコンビは
もう解散することはないと思います。

女芸人No.1決定戦 THE W」で
思いっきり暴れちゃってください。

では。

関連記事コンテンツ